LOG IN

感覚過敏…ねぇ…

最近、教育相談の中で“感覚過敏”という言葉が話題に挙がることが続きました。親御さんの訴えは『この子には感覚過敏があるので、マスクを嫌がって取ります』、『ケープが首に触れると感覚過敏が起こるのか、逃げて散髪をさせてもらえない』というものです。 ちょっと意地悪と分かりつつ、親御さんに「感覚過敏って何ですか?」と尋ねてみます。大体答えるこ

NONFIXに寄せられた感想への感想(反論)

今年の1月末、フジテレビで奥田健次先生のドキュメンタリーが放送されました。 奥田先生の教育や子育てに対する哲学、行動上の問題を解決するための洗練された技術、これらがギュッと凝縮されたすばらしい番組でした。放送から数か月経った今でも何度も見返しています。 今回の放送終了後、番組宛に視聴者から多くの感想が届いています。私は5年ほど前から奥田

痛みあれども、健康的な行動を

去年の秋頃から首の痛みがありました。最初は“寝違え”かと思いましたが、どうも痛みが収まりません。病院で検査をしたところ、頸椎に問題が見つかり、この痛みとはこれからもずっと付き合っていくものであることが分かりました。ネットで色々調べましたが、やはり完治するということはなさそうであり、正直落ち込みました。 しばらくは痛み止めでなんとかや

子育て経験〇年のベテラン?

たまたま何組かのクライエントと同じような話題になったことを書きます。 結論から言えば、自分自身の子育て経験をもとに療育支援を行うような専門家は技術が低いだろうということです。心理職に限らず、教員、保育士、保健師、医師…どの職種でも同じです。 「私は子どもを〇人育てあげて…」とか、「うちには子どもが〇人もいて…」とか、「こういうとき、私

コロナ禍の療育相談で再確認したこと

久しぶりのブログになってしまいましたが、2021年は月2くらいの頻度で更新していきます(インスタグラムも始めました)。 2020年は丸1年“コロナ”でした。学会や研究会がリモートになったり、緊急事態宣言中は訪問しての相談を一時ストップさせたりと、私の仕事にも様々な影響がありました。その中で意外だったのは、緊急事態宣言中(2020年の4~5月頃)に